FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新車のプリウスより中古のカローラ

新車のプリウスと中古車、どちらが環境にやさしいか?

-「中古車かもよ?」というのが米誌『ワイヤード』の結論です。

根拠に並べた数字を見てみましょう。

(1)プリウス製造に必要なエネルギー
11万3000 BTU (イギリス熱単位、1BTU=約251.996カロリー)

(2)11万3000 BTUをガソリンに置き換えると
1000ガロン (3785リットル)

(3)製造コストに追いつくのに必要な走行距離
  4万6000マイル (7万4029.824km)

(4)平均的ドライバーが4万6000マイル走行するのにかかる所要時間
  3年以上

(5)製造コストに追いつくのに必要な走行距離(1998年型トヨタ ターセル*の場合)
  10万マイル (16万934.4km)

(6)平均的ドライバーが10万マイル走行するのにかかる所要時間
  7年以上

* ガソリン1ガロン当たりのマイル数が27 mpg(市街)&35 mpg(高速道)の車なら車種問わずOK
** 1年当たりの走行距離は年間平均13500マイル(2万1726km)の比率で算定しています。

ちょっと(3)が分かりづらいと思うんですけど、要するにプリウス1台作るのに、ガソリンに置き換えるとプリウス4万6000マイル走るのにかかるのと同じぐらいの燃料がかかってる、新車でショールーム到着する時点ですでに3年以上走っただけの燃料を使い果たしている、というわけですね。

まあ、それでも飛ぶように売れてるプリウスなわけですが。

ガソリン高騰で「(売れない)SUVは下取りお断り」のディーラーもちらほら出ている今のアメリカで、最近見直されてるのが90年代のシンプルな中古車なんです。調べてみるとこれが軽装備な分、意外と燃費が良い。ハイブリッド普及前だから目立たなかっただけでしょうか? 「へ~」ですよね。

・・プリウスって結構高いです。諸々オプションをつけると300万円弱します。ガソリン代は安くしたいけどプリウスなんか買えない、そんな人はかなり多いはずです。国産中古車であれば、平成10年式以降くらいは結構低燃費車両が増えています。個人的にオススメなのはカローラです。まず、カローラは中古市場でかなり安いです。ミニバン人気に押されてセダンは格安ですからね。しかしながらカローラはどの世代でもトヨタが全精力を傾けて開発する車両なので、非常によく出来ています。つまりただでさえコストパフォーマンスが高いんです。加えて、カローラオーナーは無茶な乗り方をしないので、程度も良好なものが多い。必要にして十分、というのがここまで心地よいのか、というのを味わえる1台です。1回本気で検討してみて下さい。

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。